隠れてない隠れ家

努力なくして向上なし!

お疲れ様です。すぎなみです。
最近、ネルソンを使うデッキを色々と考えていました。

kc_s67_075

よく見かけるレシピでは瑞鳳型だったり択捉型だったりが多かったのですが、使ってみたものの自分の肌には中々馴染まなかったので、自分なりに今まで組んできたレシピと融合させる形で作ってみた所、中々いい感じになってきたので今回はそれを記録として残していこうと思ってます。

まだ途中段階な気がしてるので、その辺りはご理解頂けたらと思います。
というわけで、早速レシピの方から。

S__17375309


以前公開していた西村艦隊に混ぜたタイプにしています。
そのため、カラーリングとしては青赤までは確定で、残りの1色を緑にするか黄にするかが悩むポイントでした。

現状でもそこは絞りきれていないのですが、今回載せてるレシピは黄色を選択しています。
緑型の場合は武蔵の枠がアイオワ、大鳳がタシュケント。後は要所要所のキャラ配分とかCX配分が変わるのと、任務娘を投入するといった形の構成になってます。

kc_s67_048 kc_s67_028 kc_s25_074

そっちのレシピもいつか出したいですね。


ひとまず別デッキの話は置いといてこちらのデッキの話に戻りますが、基本的な動かし方は普通の西村艦隊のデッキと変わらないと思いますが、自分の頭の中の整理も含めて各レベル帯で考えておきたいことをザッと書いていきます。

【各レベル帯で意識してる事】
[レベル0]
このレベル帯では特別な事はあまりしないですが、時雨改二のマーカーに満潮改二を入れる事は早い段階で達成したい部分です。

kc_s67_077

相手のレベル0帯にクロックやストック、デッキボトムに送るタイプの相打ちが採用されている場合だと、盤面に出した満潮改二が控え室に落なくなる事もあるので、そういった点で注意が必要です。

とはいえ、結局はアタックするので気にしても仕方がないのですけどね(´・ω・`)

「レベル0でのパンチャーが足りている場合は暁で満潮改二が見えた時に手札に加えないで時雨改二のために控え室に落とす」くらいの認識でいいと思います。


[レベル1]
このレベル帯からレベル2の準備をしていきます。
デッキの投入枚数的には青が圧倒的に多いので、置けるならばレベル置き場は赤(扶桑改二)が理想です。

今回のデッキでは扶桑改二の早出しを狙っていきたいので、扶桑改二と早出し条件である朝雲改は手札にキープしたいカードです。

kc_s67_082

時雨改二の効果で狙ったカードを集めやすいので、この2種を回収していきます。
扶桑改二の登場効果でも回収できるので、他のカードはレベル2からで大体間に合います。


[レベル2]
扶桑改二の早出しから盤面を展開していきます。

kc_s67_052

ここからはアンコールを駆使しながら盤面を取っていく形になるので、しっかりと狙った盤面を構築していきましょう。

後列は朝雲改と時雨改二で固定。
前列は手札アンコールが付与される扶桑改二と最上改を中心に、余っているカードを出していきます。

扶桑改二の登場時に回収したいカードに関しては、相手によって変わっていくので、以下の分岐を意識しながら動かしてます。

・相手の早出しキャラへの対策がストック送りやボトム送り系
→アンコールできないので次ターン用に扶桑改二の2枚目を持つ。

・相手の早出しキャラへの対策が美夏助太刀系
→手札アンコールで対応できるので詰めのカードや助太刀を持つ。

・相手の早出しキャラへの対策がレベル3早出し
→不知火改二を持つ。

・相手が電源型で後列にレベル3を展開するタイプ
→不知火改二を持つ。

・それらを既に持っている or 上記以外の状況
→手札がいい感じになるようにする。


大体はこんな事を意識して動いています。
キャンセル率次第でもありますが、このレベル帯で盤面を取りつつ動ければショットタイミングでの余裕が生まれやすくなるので、なるべく状況有利になるように展開していきたい部分です。


[レベル3]
詰めの段階になるのですが、その時のストック数や相手のデッキ状況や現状の盤面状況に応じて扶桑改二かネルソンのどちらの連動が有効かが分岐するので、その時に適した連動を打ってください。

ネルソン武蔵武蔵が最大値にはなりますが、武蔵の投入枚数も少ないですし要求ストック数が9なのにストックを溜める構築ではないので狙えない事の方が多いかと思います。
そういった場合は、ストックが7あるならネルソン武蔵+アンコールして残ってる扶桑改二でもいけますし、武蔵武蔵+アンコールで残した扶桑改二の連動もいけます。
ストックが5ならネルソン+ストック消費0のキャラや武蔵+アンコールで残した扶桑改二の連動でもいいと思います。

今回のデッキではレベル3での詰め手段を最低限にしているので、極論を言ってしまえばネルソン+通常キャラ2面になってしまってもしょうがないと思ってます。
ただ、相手の防御札系を避けたい時や大きく打点を当てたい時のためのネルソン、細かく打点を入れたい時のための扶桑改二といった形で、両方のケースに対応できる選択肢は入っているので感触的には悪くないのかなと考えてます。
(ここの考え方は人それぞれだと思うのですが、自分はこう思ってるってだけです。)



デッキの説明に関してはこんな形ですかね?

そして、今回もらしんばんは入りませんでした(´・ω・`)
ただ、黄色採用型なので、助太刀の本数を減らして投入したりするのもありなのかなと思っています。

次は任務娘採用型のネルソンに特化したタイプのデッキを組んでいるので、それが形になったら記事にしていきたいと考えてます。

というわけで今回は以上。
次回もよろしくお願いします。

お疲れ様です。
今回は、前環境で使ってたデッキを新弾追加に伴って更新したので、それを紹介していきたいと思います。


そして、相変わらず飲酒しながら書いてます。
今回のお供はカルーアミルク。

IMG_3927

リキュール買ったので自分で作ってみましたが、普段飲んでるやつはもの凄く薄いですね……
まぁ、当たり前か(´・ω・`)





そんな感じで前置きは終了して本題へ。
いつも通りレシピから。

FullSizeRender


[レベル0]
4 朝潮型駆逐艦3番艦 満潮改二
4 暁型駆逐艦1番艦 暁改
4 ドジっ娘 電
4 スリガオ海峡突入! 満潮改二
2 スリガオ海峡突入! 時雨改二

[レベル1]
3 高雄型重巡3番艦 摩耶改二
2 UボートIXC型潜水艦 U-511
1 Z1型駆逐艦3番艦 Z3 zwei
2 朝潮型駆逐艦2番艦 大潮改ニ
2 球磨型軽巡2番艦 多摩改二

[レベル2]
2 スリガオ海峡突入! 最上
4 呂号潜水艦 呂500

[レベル3]
4 金剛型戦艦1番艦 金剛
4 金剛型戦艦1番艦 金剛改二

[CX]
4 撃ちます!Fire!!
4 呂号潜水艦、出撃します!



割と以前からある形かと思います。
扉を使用する・金剛が回復という部分を踏まえて選抜はドジっ娘になってます。

前環境構築からほぼ変化点はありませんが、新弾で増えた満潮改二とスリガオ最上が既存の状況を変えてくれました。

kc_s67_076 kc_s67_099

満潮改二に関しては、序盤のパンチ数を確保出来るという点に加えて、6/24の記事でも書きましたがU-511から呂500にチェンジする際の補助ができます。
そのおかげでU-511の枚数を減らせていますし、足りてない場合はドジっ娘からサーチできるのも噛み合わせが良いです。


スリガオ最上は最近お気に入りの激推しカード。

条件を満たせば0コストで登場可能な島風改互換なので、パワーラインの補強に一躍買ってくれます。

呂500はCXコンボで12000になるので、スリガオ最上も合わせるとひなろじのニーナみたいな相手にも助太刀を要求する事ができます。

今までパワーで触れなかった相手に対しても負荷をかけれるのは嬉しい強化点かなと思ってます。
今回は投入できてませんが、パワーラインを高められる=盤面が残りやすくらしんばんを打ちやすくなるというメリットもありますので、盤面取りつつらしんばんを構えるデッキも作りたいですね。

このデッキではフィニッシャーを金剛にしていますが、ここに関してはアイオワでもサラトガでもいいかなとは思ってます。
金剛を選択した理由に関しては、リバース効果の2枚回収により大潮改二を手札に加えられるからだったりもします。

らしんばんが不採用なので、少しでも生存率を上昇させられるカードは手札にほしいですからね。
なんだかんだでパワーラインが高めなのも評価が高いです。




というわけで、簡単ですが今回のデッキ紹介は以上になります。
旧弾のカードが多いですが、新弾のカードの強みも活かせてるデッキなのかなと個人的には思います。
ただ、響選抜環境なので、タイトルカップとかは別の方が良いなとは思ってます。

艦これはプールも広いので、これからも、デッキ紹介できたらと思ってます。

では、今回はこの辺りで終わりたいと思います。
次回もよろしくお願いします。

お疲れ様です。
今回は、無理なくCXを毎ターン打てそうなデッキについて書いていこうと思います。
なお、まだ作成途中というか調整途中なので今後色々と変わってくるかと思いますが、経過確認も兼ねて残しているのでそこをご理解頂けたらと思います。


記事に行く前にいつもの。
今回の執筆のお供はヨーグルトリキュールとつぶつぶみかん。

IMG_3876
IMG_3877

これ混ぜると結構美味しいんすよね。
皆さんも是非試してみてください。このレシピは自信あります←



そんなわけで、そろそろ本題に入っていこうと思います。
まずはデッキレシピから。

【神鷹型】
FullSizeRender

[レベル0]
4 大鷹型軽空母4番艦 神鷹
4 綾波型駆逐艦6番艦 狭霧
4 暁型駆逐艦1番艦 暁改(冬のひととき 暁)
2 占守型海防艦1番艦 占守
2 暁型駆逐艦2番艦 響
2 祭りの最中 神通改二
4 雲龍型正規空母2番艦 天城
2 陽炎型駆逐艦4番艦 親潮
1 夕雲型駆逐艦1番艦 夕雲改二
2 Maestrale級駆逐艦1番艦 Maestrale
4 朝潮型駆逐艦3番艦 満潮改二
2 睦月型駆逐艦6番艦 水無月


[レベル1]
3 日本最大の軽巡洋艦 大淀改
1 Гангут級戦艦1番艦 Гангут
2 らしんばん

[レベル2]
1 綾波型駆逐艦5番艦 天霧

[レベル3]
1 Nelson級戦艦1番艦 Nelson
1 大和型戦艦1番艦 大和改

[CX]
4 行くぞ、もう一撃だ!
4 トレジャーアイコンのCX


【子日国後型】
FullSizeRender


[レベル0]
4 朝潮型駆逐艦1番艦 朝潮改二
4 朝潮型駆逐艦3番艦 満潮改二
2 Maestrale級駆逐艦1番艦 Maestrale
1 陽炎型駆逐艦10番艦 時津風
2 夕雲型駆逐艦1番艦 夕雲改二
2 睦月型駆逐艦6番艦 水無月
3 占守型海防艦2番艦 国後
4 初春型駆逐艦2番艦 子日
2 暁型駆逐艦2番艦 響
4 暁型駆逐艦1番艦 暁改(冬のひととき 暁)
3 占守型海防艦1番艦 占守
2 祭りの最中 神通改二

[レベル1]
3 日本最大の軽巡洋艦 大淀改
1 Гангут級戦艦1番艦 Гангут
2 らしんばん

[レベル2]
1 綾波型駆逐艦5番艦 天霧

[レベル3]
1 Nelson級戦艦1番艦 Nelson
1 大和型戦艦1番艦 大和改

[CX]
4 この海域から出ていけ!
2 控え室ストブのCX
2 行くぞ、もう一撃だ!



レシピを2種出しましたが、どちらのデッキも基本コンセプトは同様で『毎ターンCXを打つこと』に寄せています。

それぞれのデッキが別の方向性でCXを手札に持ってくる動きを組み上げていますので、まずはそれを説明していこうかと思います。



【神鷹型】
こっちのデッキの場合は、CXをゲートアイコンとトレジャーアイコンを採用し、トリガーする事によりCXを手札に加えにいきます。
とはいえ、何も補助せずに毎ターントリガーするわけでもないので、それを実現するための動きとして大鷹型軽空母4番艦 神鷹を採用し、神鷹の効果を活かせるようにデッキ構築をレベル0に寄せています。

kc_s67_040

CXを貼ったタイミングで、神鷹によりデッキトップのレベル0がストックに飛びデッキ内のCXに近付いていきますので、結果としてCXのトリガー率が上昇します。
ストック自体も3パンする前にレベル0がストックに飛ぶため、通常よりも多く純ストックが溜まることもしばしば。

勿論、レベル1以上が捲れてしまうこともありますが、トリガーしなかったらキャンセルに回る可能性があるので結果的には問題ないといえば問題なかったりもします。
艦これには神通改二もいるので、引けなかった場合はサーチしてくればいいというのもあります。

また、日本最大の軽巡洋艦 大淀改ですが、こちらは
・デッキコンセプト的にレベル0が多くなるので生存率が高い
・使いまわしたいカードを再利用できるテキストを持っている
・アタックフェイズ中に手札を捨てる効果を持っているので、多くトリガーしてしまったCXを処理可能
といった形で、噛み合う要素が多いため採用しています。
パワーラインも比較的高めなので相手への負荷がかけられるのは好感触でした。



【子日国後型】
こちらのデッキの場合は、テキストに書いてある事そのまんまですが初春型駆逐艦2番艦 子日と占守型海防艦2番艦 国後によってCXを手札に加えます。

kc_s25_058 kc_s67_038

毎ターン加える場合は起動に2コストかかるためストック自体の伸びが悪いのが気になる点なので、それをカバーするためにCXは控え室をストックに置くタイプを選択しています。

コストパフォーマンスが非常に悪いこのセットですが、トリガー狙いのデッキとは異なり『デッキに残ってるCXを減らさずにCXが打てる』というメリットも存在しています。

元々CXを使用するという事は、デッキから引き込んだりトリガーで手札に加わる場合がほとんどなのでキャンセルが減ってしまう可能性が生まれますが、このデッキの場合だと控え室に既にあるCXを使用する事になるので、その点がケアされます。
また、クロックドローやトリガーも「結局引けなかった」みたいな事はありますが、控え室からの回収なので見えている状況から動けるため、そのターンの行動プランを決めやすくなります。

まずはギミックの優位点を認識するためにこっちにも大淀改が入っていますが、こっちの場合はコンセプト的には別の方がいいんじゃないかな?と思っていたりします。
毎ターン狙ったCXでの連動を意識するならば、もっと相性の良いカードがあるはずですからね(´・ω・`)



ざっと書いてみましたが、大体の狙いはこんな感じになります。
どちらもフィニッシャーはネルソンなので、ゲームスピードを早めながらネルソンに繋いで仕留めるみたいなイメージで組んでます。

このデッキに関しては、デッキバランスが結構悩ましくてマイナス面が残ってしまっている状態でもありますが、プラス面もあってなかなか面白いコンセプトなんじゃないかな?と思ってます。

今後も色々なカードを試しながら調整していくので、また何か進展あったら記事として残していこうと思ってます。

というわけで、今回はここまで。
次回もよろしくお願いします。

↑このページのトップヘ